2007年12月18日火曜日

インタープレイ / ビル・エバンス



JAZZ初心者からフリークな人まで幅広いファンを持つビル・エバンスの有名な一枚。彼はどちらかといえば繊細で綺麗な曲が多いですが、このアルバムは全体的にノリが良く、クールで、それでいて緻密、さすが幼い頃神童と呼ばれた彼らしい作風となっています。

こう、内に秘めた情熱ってありますよね、決して暴走しないし、一見じゃあ分からない。でも深く知ってみるとその意外にアツい心向きに驚くような。そんな大人の情熱を語れる音楽って、そうあるもんじゃありません。これはその貴重な一つです。

感じてください、雪の下の炎。

InterplayBill Evans
1. You and the Night and the Music
2. When You Wish upon a Star
3. I'll Never Smile Again [Take 7]
3. I'll Never Smile Again [Take 6]
5. Interplay
6. You Go to My Head
7. Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)

0 件のコメント: