2007年12月26日水曜日

ラスト・コンサート / モダン・ジャズ・カルテット



モダン・ジャズの王道、MJQ最後のアルバム。ミルト・ジャクソンのいぶし銀のようなヴァイブ(ヴィブラホン)、ジョン・ルイスのローマ彫像のように端整なピアノ、1974年11月のリンカーン・センターに集まった聴衆の静かな亢奮、MJQとして最後の演奏に望む緊張感、そんなものが全て融合されて、完成度の高いひとつの音楽として記録されています。

序盤から終盤まで一本筋が通ったひとつの伝統美、緻密に設計された箱庭の中で最大限に燃え盛る情熱、静謐から解放へと巨大なクレッシェンドをみせる"6"の「アランフェス」はまさに圧巻。

成熟した男性の静かでさりげない、それでいてどこか熱く語りかけるような、そんなJAZZの情熱に身を浸しきってください。出来れば、ピートの香るカラいスコッチを片手に。

The Complete Last ConcertThe Modern Jazz Quartet
disk1
1. Softly, As in a Morning Sunrise
2. Cylinder
3. Summertime
4. Really True Blues
5. What's New?
6. Blues in A Minor
7. Confirmation
8. 'Round Midnight
9. Night in Tunisia
10. Tears from the Children
disk2
1. Golden Striker [From No Sun in Venice]
2. One Never Knows [From No Sun in Venice]
3. Trav'lin'
4. Skating in Central Park
5. Legendary Profile [*]
6. Concierto de Aranjuez [*]
7. Jasmine Tree
8. In Memoriam
9. Django
10. Bags' Groove

0 件のコメント: