2007年12月30日日曜日

ワルツ・フォー・デヴィー / ビル・エバンス



とにかく優雅でロマンチック、何とも女性的な美貌に溢れるサウンドが連続します。1961年、NYのジャズクラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ音源。聴衆の食器の音や話し声などがそのまま録音されているところも、 何となく優雅な気分を盛り立ててくれます。ジャズ初心者からフリークまで幅広く、繰り返し聴かれる名盤です。インターネットを引いてみると、「女性へ贈る」音楽CDの中では常に最上位に君臨します。

エバンス本人がまだ新進気鋭の頃の一枚。不慮の事故で他界したスコット・ラファロ(ベース)との数少ない共作の一枚でもあります。

Waltz for DebbyBill Evans
1. My Foolish Heart
2. Waltz for Debby [Take 2]
3. Waltz for Debby [Take 1]
4. Detour Ahead [Take 2]
5. Detour Ahead [Take 1]
6. My Romance [Take 1]
7. My Romance [Take 2]
8. Some Other Time
9. Milestones
10. Porgy (I Loves You, Porgy)

0 件のコメント: