2007年12月22日土曜日

タイムレス / セルジオ・メンデス



音楽史に燦然と輝く、これそこ「偉業」ではないでしょうか。1941年生まれのセルメン、60年代に僕の両親たちを夢中にさせたセルメン、半世紀近くをまたいで、この男は一体、何を人々に訴えかけてきたのか。「マシュ・ケ・ナダ」など往年のヒット作をジャズ、ヒップホップ、レゲエ、クラブ・ミュージックなどで見事に「若返り」させただけでなく、自身も老いてなお勢い増すピアノソロを惜しげもなく披露しています。世界中を虜にしたメガ・ヒット・アルバム。

セルジオ・メンデス、ウィル・アイ・アム、スティーヴィー・ワンダー。60年代から新世紀へ、世代とジャンルを超越した殿堂の一枚。

セルメン、この音楽の奇跡に触れたことをとても幸せに思います。

TimelessSergio Mendes
1. Mas Que Nada (Mah-sh Keh Nah-da)
2. That Heat
3. Berimbau/Consolacao (Beh-rim-bao/Con-soh-lah-soun)
4. The Frog
5. Let Me
6. Bananeira (Bah-nah-nay-rah) (Banana Tree)
7. Surfboard
8. Please Baby Don’t
9. Samba Da Bencao (Samba Of The Blessing)
10. Timeless
11. Loose Ends 12. Fo’-Hop (Por Tras de Bras de Pina)
13. Lamento (No Morro)
14. E Menina (Hey Girl)
15. Yes, Yes Y’All

0 件のコメント: