2007年12月18日火曜日

クローカ / Sunaga t Experience



「渋谷のDJ番長」こと須永辰緒プロデュースの一枚。"10"で久米明氏がコンセプトをナレーションしたり、いとうせいこう氏の短編小説『犬の光』を封入したり、遊び心に溢れる一枚。かつて、CD本体が売れていた最後の時代にリリースされた「最後の名盤」、かもしれません。ストリングスと電子音をうまく調和させた"11"は日本的な旅愁に溢れる見事な一曲。でも決してリスナーに媚びません。

その切なさ、さりげないのです。声もなく、ただ静かに、泣いてください。理由なんて要りません。「流れているだけでいろいろ思い出すね。」って誰かが言ってました。

ジャンルとしては須永氏らしくジャズ、ハウス、ボサノバ、ポップス・・・まぁ何でも入っています。全体的にアップテンポでノリも良く、ドライブで流すのに良いアルバムでしょう。でも、どこか遠くへ行きたくなるかも知れません。

CROUKASunaga t Experience
1. Istonichcoff(theme from T.R.A.P.)
2. it's you
3. prologue
4. kid
5. 千歳空港
6. welcome!
7. satellite beats(it's yours)
8. C'est vous sur le pont
9. onde 'a' Palmspring
10. an announcement for COБAKA(crouka)
11. COБAKA(crouka)
12. GEMINI 4 space dub(dub remix:little big bee)
13. a preview
14. voet op de mann
15. theme from Sunaga t Experience
16. times 24h by starlight
17. かすかなしるし

0 件のコメント: