2008年1月17日木曜日

ニュー・フライト / 大野雄二&ルパンティク・ファイブ



クールで仕事は完璧、おまけに茶目っ気たっぷりで頼りがいあって、でも意外と涙もろくて人間臭くて、そんなルパンを知ってたら誰だって知ってる曲、そんな曲をルパンのイメージピッタリにアレンジしてくれている一枚。

日本の生んだ名ジャズミュージシャン、大野雄二が自らの曲ををアレンジ、演奏しているのは周知の通り、コンスタントにアレンジと編成を換えて2年に1度はリリースして僕らを楽しませてくれる大野雄二。そんなたくさんある「大野雄二×ルパン3世」のアルバムの中からわざわざこれを選んだのは…そうですね、イチバン最近の「Lupintic Five」という編成と、この企画の記念すべき10作目であることと、大野雄二自身が今までのハードバップ的なJAZZアレンジを抜け、一皮剥けた感じがすること。

まぁとにかく、「大野雄二×ルパン3世」、僕の音楽人生の中ではどんな外国のビッグスターよりも親近感が持てる身近なアイドルです。「ジャズってやっぱカッコいい」って思いたければ、大野雄二です。

LUPIN THE THIRD「JAZZ」the 10th~New Flight~Yuji Ohno & Lupintic Five
1. HOT SAMBA
2. THEME FROM LUPIN III -ルパン三世のテーマ-
3. LOVE THEME -ルパン三世 愛のテーマ-
4. MANHATTAN JOKE
5. LOVE SQUALL
6. TREASURES OF TIME-炎のたからもの-
7. ISN'T IT LUPINTIC?
8. TORNADO
9. ZENIGATA MARCH
10. PARTY'S OVER

0 件のコメント: