2008年1月17日木曜日

モーツァルト レクイエム / カラヤン ウィーンフィル



どっしりと重厚に、一つ一つの音を噛み締めるように、音の重奏が続き、しかしあっと言う間に曲は終焉します、そう、うっかりするとそろそろ終焉だとは気が付きません。まるで死者の追憶のようです。カラヤン指揮の名演、このモーツァルトはベーム指揮の同じくレクイエムと人気を二分するようですね。僕はどちらも良すぎて選択できませんが、あれは中学の頃か、モーツァルトとの出会いをくれたこのカラヤンの名盤をあえてレビューします。

キース・ジャレットの名作にThe Koln Concertがありますが、 キースの即興演奏と、モーツァルトのこの鎮魂歌、よくよく聴くとなるほど共通の要素が多いと思います。恐怖と解放、誕生と終焉、歓喜と悲嘆、対を成しているこの二つの要素はきっと円上の起点と終点です。実は、表裏一体。目を閉じて耳を澄ませてください。聴こえますでしょうか、この天上のサウンド。

Mozart RequiemHerbert von Karajan Vienna Philharmonic Orchestra
1. Requiem d-moll KV 626: I. Introitus - Requiem: Adagio
2. Requiem d-moll KV 626: II. Kyrie: Allegro - Adagio
3. Requiem d-moll KV 626: III. Sequenz - No. 1 Dies irae: Allegro assai
4. Requiem d-moll KV 626: III. Sequenz - No. 2 Tuba mirum: Andante
5. Requiem d-moll KV 626: III. Sequenz - No. 3 Rex tremendae
6. Requiem d-moll KV 626: III. Sequenz - No. 4 Recordare
7. Requiem d-moll KV 626: III. Sequenz - No. 5 Confutatis: Andante
8. Requiem d-moll KV 626: III. Sequenz - No. 6 Lacrimosa
9. Requiem d-moll KV 626: IV. Offertorium - No. 1 Domine Jesu: Andante con moto
10. Requiem d-moll KV 626: IV. Offertorium - No. 3 Hostias: Andante - Andate con moto
11. Requiem d-moll KV 626: V. Sanctus: Adagio - Allegro
12. Requiem d-moll KV 626: VI. Benedictus: Andante - Allegro
13. Requiem d-moll KV 626: VII. Agnus Dei
14. Requiem d-moll KV 626: VIII. Communio - Lux aeterna

0 件のコメント: